NEW
受付中
ルイヴィトンパピヨンの現行・旧型の違いを徹底解説

パピヨンは年代によって少しずつマイナーチェンジしており、ハンドルの素材・ハンドルの長さ・ポーチ付属の有無・パドロック付属の有無などが変更されていきました。 1966年 1966年に型押しされた革のハンドルを使用した ハンドバッグタイプ として登場。 この頃はバッグにポーチの付属あり。 内側はピッグスキンとなります。 2002年 2002年には、ハンドルがヌメ革に変更され、 モノグラム以外にダミエラインも登場。 このときに付属のポーチのハンドルもヌメ革に。 2012年 2012年頃にはハンドルを長くした ショルダーバッグタイプ にサイズにチェンジ。 現在ではポーチの付属がなくなり、代わりにパドロックが付属。